ダイエット方法

【運動嫌いの方必見!】お風呂に入るだけでダイエットができる?

「お風呂ダイエット」と聞いてなにを思い浮かべますか?

そんな簡単にダイエットできたら苦労しないという人は多いと思います。

しかし、本当にダイエットすることができるのです!

毎日体を動かす時間がない人や、運動嫌いの人にはぜひチャレンジしてほしい!
そんなダイエット方法を紹介していきます。

お風呂ダイエットを知りましょう!

・お風呂ダイエットとは?

毎日のお風呂タイムがダイエットタイムになる入浴法があるのを知っていますか?

それは「高温反復入浴法」です。入浴のやり方から「3・3・3入浴法」とも言われています。

3・3・3入浴法とは・・・

①3分間熱いと感じるお湯につかる。

②湯船からあがり、3分間身体を冷やす。

③3回繰り返す

脂肪の燃焼をサポートしてくれるので、普通のお風呂に入るより消費カロリーがUPします。

高温反復入浴法は全工程が約20分で、300~400kcalの消費が期待でき、ウォーキングなどの運動よりもカロリーを消費できるのです!!

ちなみに、ウォーキングなどの運動ではどれくらいのカロリー消費ができるの?
ウォーキング…体重55kgの人が、30分・約2.5km歩いた場合は、100~130kcalを消費
ランニング…体重55kgの人が、30分・約4~5km走った場合は、250~300kcalを消費

運動の時間を確保して得られる消費カロリーよりも、普段のお風呂タイムで高温反復入浴法をする方が、多くカロリー消費できます。

もちろん、運動にはストレス解消・筋肉量の維持やUPなどのメリットもたくさんあるので、一概に高温反復入浴法のほうが良いというわけではありません。

しかし、毎日忙しくて運動する時間が取れない人や、そもそも運動が嫌いな人がダイエットを考えているなら、高温反復入浴法は有用なのは一目瞭然ですよね。

・高温反復入浴法とは?

まず、入浴前にコップ一杯の常温の水やホットティーなどを飲んでおきましょう。

冷たい水は体を冷やして、ダイエット効果をダウンさせる場合があるので、避けるのが無難です。

お湯の温度は42度~43度にしましょう。

【1】かかり湯をする

ぬるめのシャワーを足からかけて、温度を上げていき徐々に体温を上昇させる。

【2】胸まで浸かる

お腹から胸の辺りまでゆっくり浸かり、 1分間そのままの姿勢で入浴。

【3】肩まで浸かる

ゆっくり肩まで浸かり4分間程度全身浴。

【4】休憩する

お風呂から出て5分間の休憩。(髪や体を洗う)

【5】再度入浴する

再びお風呂に肩まで2~3分間入浴。

【6】休憩

お風呂から出て5分間の休憩。(髪や体を洗う)

【7】最後に肩まで浸かる

42℃の高温で2~3分は結構キツイけど、がんばる。

【8】水をかける

手から徐々に水をかけていき、一気に水をかけたりしないように注意する。

というのが高温反復法になのです。
たったこれだけのことをするだけでダイエットできるなんてとても簡単ですよね!

・高温反復入浴法の注意点

・生理前の溜め込む時期には適さない

生理前(個人差はありますが、主に2週間くらい前から)になると、排卵の準備をはじめるプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが増えてきます。

そのホルモンの影響で体がむくみやすくなったり、イライラしたりします。

42度以上の熱いお風呂に入ると、リラックスした状態で働く副交感神経ではなく、運動時などに働く交感神経が優位になります。

カラダや心のバランスが乱れがちな時期は、ぬるめの38度くらいのお湯にゆっくり入って、副交感神経を働かせる方が女性の心とカラダには負担になりません。

・貧血・高血圧・妊婦の方は避ける

高温反復法は、カロリー消費の上乗せだけではなく、血流とリンパの流れを改善することで代謝の上昇も期待できるものです。

つまり、血管へのダメージが心配されるため、貧血や高血圧の方、血中の水分量が通常の倍になる妊婦さんなどは注意が必要です。

行う前には、必ず医師に相談してください。お風呂での事故はたくさんあります。

・食事制限とは並行しない

20分で300~400kcalも消費する高温反復法は、どんな健康な方でも、1日2回が限度と言われています。

それ以上繰り返すと、今度は疲労が溜まってしまい、体にとって負担に。きちんと栄養バランスのよいものを1日3食摂ってもしっかりやせられます。

1か月(31日)×400(kcal)=12,400(kcal減)
(体重1kg=約7000kcal)
12,400(高温反復法)÷7000(体重1kg)=約1.7kg減/月

となり、毎日高温反復法を繰り返すことで、約1.7kg分のカロリーを消費できる計算になります。

普段の生活の中に自然に取り入れるだけで、誰もがやせられる理論ですから、リバウンドのことを考えて、無理は絶対にしないことです。

無理をしないことを大前提に、水分補給をすることや回数を守って高温反復浴の効果を得られるようにしましょう。

まとめ

入浴後にはぜひ体重計に乗ってみてください!

女性にとって特に”冷え”はダイエットの大敵です!

皮下脂肪を溜めこまない身体作りのためにも、続けてみてください!

あわせて読みたい
運動嫌い、ダイエット失敗経験あり・・・簡単に痩せれる!運動嫌い又はダイエット失敗、当てはまる人はいませんか? 私がダイエットに取り込んだきっかけは、今の体型だと好きな人に見向きもしても...