ダイエット基礎知識

バナナダイエットのやり方と効果とは!?

バナナダイエット」という言葉は誰もが一度は耳にしたことがるのでないでしょうか。

実際に試して、結果が出た人や出なかった人もいるかと思います。

「1分でも多く寝ていたいから朝食抜きは当たり前」という方に警報です!!

朝食抜きは代謝が低下するためエネルギーの消費効率が悪くなり、太りやすい体質をつくるという悲しい結果になってしまいます。

朝ごはんを食べる時間を食べる時間がない人に是非おすすめしたいです。

忙しい朝でも5分もあれば食べられるお手軽な果物。そんなバナナを朝食に食べるだけで体質が改善し、楽々痩せ体質に変わっていきます。

今回は、バナナダイエットのやり方と効果について紹介していきます。

・バナナダイエットのやり方と効果とは

バナナダイエットのやり方

先ほどもお伝えしましたが、バナナダイエットのやり方はとても簡単です。

「朝バナナダイエット」とは、毎朝、朝食として「バナナ1~2本」と「常温の水」を摂取するだけのダイエットです。

昼食・夕食は通常通りの食事でOKです。

たったこれだけなんです!

とても簡単に実践できるダイエットなので、初心者でも気軽にはじめることができますよね!

バナナダイエットの効果

①便秘を解消

ダイエットの大敵である便秘ですよね。

バナナの7割は水分であり、食物繊維が豊富なことから便秘解消を促してくれる食物としてオススメなんです。

さらに、腸内環境を整える手助けもしてくれるんです!

②代謝促進&むくみ解消になる

バナナに含まれている様々な栄養素が、代謝促進&むくみ解消に導いてくれます。

ダイエット中は特に気になるむくみをバナナを食べることで解消できるなんて嬉しいことしかないですよね!!

~豆知識~

バナナに含まれる「食物繊維」や、糖質の一種である「フラクトオリゴ糖」は、消化されにくいためそのまま腸に届いて善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善します。

また、豊富な「ビタミンB群」や「カリウム」はダイエットの強い味方となる成分で、代謝促進やむくみ解消につながります。

③カロリーを抑えることができる

朝食にはごはんやパンを食べる方が多いですが、これをバナナに置き換えることで摂取カロリーを抑えることができます。

バナナ一本は約86kcalなので、2本ほど食べても良いそう。

満腹感が得られるように、ゆっくり噛みながら食べるのがポイントです。

バナナダイエットの注意点

①食べ過ぎに注意

おいしいからといって食べ過ぎることはよくありません。

1日3食のうち、朝食をバナナに置き換えるというのがバナナダイエットの方法。

早く効果を出したい!!と考えるのはわかります。

分かりますが、3本以上の量を食べてしまうと栄養バランスが悪くなってしまうので注意が必要です。

適切な量を意識してバナナを摂取するようにしましょう。

②継続できない

ダイエットに限らず、なにごとも継続することが大事ですよね。

バナナダイエットを始めて、すぐに効果が現れることは少ないです。

継続して習慣化させないとなかなか実感することはできないので、長い目で見て取り組むことが必要です。

③食べれば痩せるは間違い

とりあえず朝バナナを食べておけば痩せるんでしょ?という考えもNGです。

確かにバナナには女性に嬉しい栄養素が含まれていますが、痩せるためには他にも適度な運動をしたり、スナック菓子を控えるなどの基本的なことが必要になります。

せっかく朝ごはんをバナナに変えてダイエットをしているのに、お菓子などを食べることによってチャラにしてしまったり、一番悪いのはカロリーオーバーになってしまうことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はバナナダイエットのやり方と効果について紹介しました。

「朝バナナダイエットは痩せないのでは?」と思う人も多いようですが、今回ご紹介したような方法を実践すれば、ダイエット効果は十分にできることが伝わったと思います。

もちろん朝食だけではなく、昼食・夕食・間食や、日々の運動でも気をつけるポイントはいろいろあります。

比較的気軽にはじめられるので、ポイントをおさえながら、ぜひ実践してみてくださいね。

あわせて読みたい
運動嫌い、ダイエット失敗経験あり・・・簡単に痩せれる!運動嫌い又はダイエット失敗、当てはまる人はいませんか? 私がダイエットに取り込んだきっかけは、今の体型だと好きな人に見向きもしても...