ダイエット悩み

ダイエット中の悩みランキング!

ダイエットをしている時に悩み事が多いのではないでしょうか?

思うようにダイエットできない、ついつい食べてしまう、などなど。。

ダイエットをしている人が、どのようなことに悩んでいるのか見ていきましょう。

どのような悩みがある?

1.ダイエットそのものがストレスになる

・原因

一番の原因は結果が出るまでに時間がかかるところでしょうか。

誰でも頑張っているのになかなか結果がでないと続けれなくなりますよね。

さらには少しずつ体重が減っていたのに、1回飲みに行っただけで今までの努力が水の泡になったりと・・・

さらにはストレスが原因で太ってしまうこともあります。

・対応策

このようにストレスの原因そのものを解決しなくても、体を休ませたり、良質な睡眠を取ることでストレスを和らげることができます。

過度な食事制限は栄養バランスが崩れ、返って体に悪影響をもたらします。

また、痩せなければいけないというプレッシャーから、自分に合わない無理な運動をしてもストレスは増える一方です。

ストレスを溜めない自分に合ったダイエットを見つけて健康的に痩せましょう。

手軽にできるダイエット方法はこちら!

あわせて読みたい
【痩せたい方必見!】睡眠とダイエットは関係あるの?「睡眠ダイエット」を聞いたことがありますか? もしかして寝るだけでダイエットができるの?と思った方も多いと思います。 そうな...
あわせて読みたい
水を飲むだけでダイエットになる!?やり方と効果を紹介!水ダイエットとは水しか飲まない、ご飯を水に変えるなどのような過激なダイエットではありません。 無理なく続けることができるダイエット...

2.リバウンドして逆に太ってしまう

・原因

急激に痩せてしまうと、人間の脳は生命の危機と認識してしまいます。

そうすると脳に食欲を刺激するサインを送り、お腹が減ります。

ということは、お気づきの通り「ドカ食い」に繋がるのです。

痩せたのに増えてしまっては、本末転倒です。

・対応策

急激に体重を落とさないこと。

1ヶ月に減らす量は現在の体重の5%以内にしましょう。

ゆっくり時間をかけて体重を落とせば、リバウンドが起こりにくくなります。

ダイエット後1ヶ月間はすぐに食事量を元に戻さず、少しずつ増やしていくようにしましょう。

3.体調を崩しやすくなる

・原因

急激なダイエットはホルモンバランスの乱れを引き起こし、生理不順や無月経をまねきます。

急激な体重減少で自律神経にトラブルが起きると、脳下垂体が性腺刺激ホルモンの分泌を抑える働きがあります。

そのために、女性ホルモンの分泌に乱れが生じてしまうのです。

また、BMIが18~19まで減少すると生理が止まることもあるといわれています。

【BMIの計算法】
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

現在、日本人女性は標準体重をはるかに下回る傾向があります。

モデルのような体型になりたいと強く思い、知識がないままの不適切なダイエットに取り組んでいる例も多く見られます。

偏った食事も、生理不順を引き起こしてしまう原因です。

このようなトラブルは特に若い女性に発症しやすく、中学生や高校生から悩んでいる人もいます。

・対応策

健康的に痩せるためには、何かを極端に減らすのではなく、適切なカロリーコントロールと、バランスよくしっかり食べて、必要な栄養を摂ることが重要です。

体重は、消費カロリーと摂取カロリーのバランスによって増えたり減ったりします。

毎日運動できないときや、運動だけでは難しい場合には、食事のカロリーコントロールも行いましょう。並行することでストレスなくダイエットを進めることが期待できます。

カロリーダウンのコツは、以下を参考にしてみてください。

①揚げ物を避ける
②ご飯の量をいつもの1/4減らす
③お酒を飲む時はご飯を少なくする
④ビールをカロリーオフに変える
⑤ドレッシング、マヨネーズをノンカロリーにかえる
⑥間食を100kcalまでにする
⑦カロリー表示などを意識的に見るようにする

4.肌が荒れる

・原因

充分な栄養が摂取できないと、体はまず「生命維持に関係ない部分」に回す栄養の削減を行います。それがお肌や髪などの末端部分です。

栄養が行き届かなくなることで、真っ先に肌荒れを起こしてしまうのです。

特に食事を減らすことで足りなくなりがちなビタミンA、B、Cやミネラルは、お肌にとっても重要な栄養素なのです。

足りなくなることで乾燥肌やニキビ、湿疹などの肌トラブルを起こしてしまうでしょう。

・対応策

皮膚に必要な栄養素を運ぶため、血管を若々しく保つこと、水分をとることが大切です。

血管を丈夫に保ち、栄養素の基本となる良質のたんぱく質をしっかり摂るようにしましょう。
良質なたんぱく質には、卵、魚、豆、豆製品などがありますが、魚は特にDHAやEPAなどを含み、乾燥肌を守り、肌をしっとりとさせる細胞間脂質(セラミド)を作ってくれます。

また、粘膜を正常に保つ働きをもつのがビタミンAなので、モロヘイヤやにんじんなどの緑黄色野菜を油と一緒に摂ることがお勧めです。

油は体に必要なものなので極端に油を避けるのはやめ、オリーブオイルなど良質な油を摂り入れてみましょう。

いかがでしたでしょうか。

それぞれの悩みについて、原因と対応策を紹介しました。

無理してダイエットしても結局はリバウンドしてしまいます。

短期間ではなく、長期間でダイエットを行い、良い結果を出しましょう!

あわせて読みたい
運動嫌い、ダイエット失敗経験あり・・・簡単に痩せれる!運動嫌い又はダイエット失敗、当てはまる人はいませんか? 私がダイエットに取り込んだきっかけは、今の体型だと好きな人に見向きもしても...